2020/01月第3週目の投資状況

先週は米国とイランが戦争になるかどうかで相場が荒れました。

しかし今週はダウ平均がなんと29,000ドルを突破しました。

しかもさらに高値を更新している状態になっています。

米国株を大量保有している私の今週の投資状況はどのようになっているか気になりませんか?

2020/01月第3週目の投資状況です。

1.国内株式

2020年度累計確定損益 −6,551

2.外国株式

2020年度累計確定損益 −¥930

前回評価損益 +¥1,544,103

今回評価損益 +¥1,725,971

前回比    +¥181,868

3.まとめ

先週は株の先行きが不安定でどうなるかと思いましたが、やはり米国強し。ダウ平均が29,000ドルを軽く超えて高値を次々と更新して行きました。それに伴い持ち株の価格も上昇し、1週間で+¥181,868と爆益になりました。Appleは先週から約9ドル、VOOは約5ドルの上昇と順調です。国内株式は先週は任天堂とTOPIX上場投信を持っていましたが、株価の上昇に期待できないのと、米国株に資金を集中させたいとの理由で利確しました。その代わりにApple株を10株購入し、先週よりも10株多い状態で市場に参戦しています。今年の目標の1つに資産1,000万突破がありますが、この調子だと早い段階で達成できるかもしれません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする