10年前に戻ったら最初にやるべきたった1つの事

私は過去の自分の行いを悔やんでいる。

どうして大量に浪費してきたのか。

悔やむことはただそれだけだ。

1.買い物依存症

10年前の自分はとにかく物を買うことに快楽を覚えていた。

メインのデスクトップ、サブのノートパソコン。

メインの1眼レフカメラ、サブのコンパクトデジタルカメラ。

面白いガジェットがあると直ぐに飛びついた。

おかげで給料が入った途端になくなってしまう状況だった。

2.減らない借金

私には借金があった。

大学時代に生活費として借りた奨学金を400万円だ。

毎月の返済額は1.5万円に設定した。

45歳までずっと返さなけらばならない感じだった。

ストレスを買い物で解消しようと思っているので、

給料はほぼ浪費で使うだけだ。

元金は月に1.5万円しか減らない。

3.物の多さで他人にマウントを取ろうとしていた

なぜ買い物依存症になっていたのか。

当時の私は太っていた。

さらに女性経験もなし。

コンプレックスの塊だった。

そこで色々なものを持っている事で、他人よりも有利な立場になろうと考えていた。

もちろん物を多く持っていたからって言って他人よりも有利になれるわけがない。

大切なのは中身であることは薄々感じていたが、

実際にものが増えていくのを見ると裕福な気分になって心が満たされていった。

裕福の根源であるお金に関しては減っていったのだが・・・

4.溜まるストレス

色々なものを買うとするともちろん保管場所が必要だ。

部屋は狭いので物で溢れかえっていた。

当然せっかく買った物なのでどうにか使おうとする。

しかし勢いで買った物なので100%使いこなせていない。

使いこなせないため当然飽きる。

結局ホコリをかぶったままになる。

あれもしたいこれもしたいとなるが、

やることがありすぎてやる気が出ない。

やる事だけ溜まり、イライラしていた。

5.とある本に出会い変わった私の人生

色々買っていたのだが、本も色々買っていた。

もちろん読んでいない。

しかしたまたま時間があったので読んでみたら人生が変わってしまった。

良い方向に。

またこの話は別の記事でしようと思う。


5.もし貯金をしてきたらどうなっていたか

話は変わるが、

もし当時から地道に貯金していたらいくら貯めることができていたのか、

考えようと思う。

現在の資産は800万円。

もし仮に入社してから毎月10万円の積み立て、

さらにボーナス時はすべて貯金したら1どうなるかを計算してみました。

10万円という数値は当時の給料は手取り20万円でした。

そこから借金と家に入れるお金を引くと残りは15万円、

毎月5万円自由に使うことができたら、

ストレスなく毎日生活できると思うからです。

給料は1ヶ月10万円×1年12ヶ月×10年=1,200万円

ボーナスは1ヶ月10万円×年2回×10年=200万円

合計で1,400万円だ。

そこから借金である400万円差し引いたら1,000万円だ。

現在の資産と比べてもさほど差はないと思われるが、

リスクを取っての800万円である。

こちらはノーリスクで1,000万円。

比べるとやはりコツコツ貯金を積み立てた方が良いとわかる。


6.まとめ

働き始めて10年になるが、今頃お金の大切さがわかった。

お金がないと何もできないし、辛いことでも耐えないといけない。

そうした人生は嫌なので、節約に節約を重ねて資産を作り、

嫌なことから逃げたい。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする