冬の京都をX100Fで撮る

そうだ京都に行こう(某鉄道運営会社のCM風に)

ということで日帰り弾丸京都旅行に行ってきたました。

せっかくの旅行ということで欲しかったカメラ、富士フィルムX100Fを友に出かけてきました。

今回どうしても訪れたいとことろは2箇所あり、伏見稲荷大社と嵐山に行ってきました。


最寄りの駅からサンダーバードで京都駅に行き、そこから電車を乗り換え伏見稲荷大社につきました。

電車内にはすでに大勢の人がいました。外国人が多くいるように感じます。

駅を出てすぐのところに堂々と鳥居がそびえ立っていました。

本殿にお参りをしてから階段を上ると噂の千本鳥居がありました。

観光客でごった返していたので、列になって奥に進んでいきました。

伏見稲荷大社は山になっていて、鳥居を道順に進んでいくと上り坂になっていました。

ある程度まで上ると拓けた場所に出ました。

今日は快晴だったので京都市内が一望できました。

さらに奥に進んで行くと、人もまばらになり、幻想的な風景が飛び込んできました。

やっとの思いで頂上に着きました。

1時間は登ったと思います。

頂上の一ノ峰には多くの参拝客がいました。

くだりの途中に可愛いキツネさんがいたのでパシャリ。

下山してからおみあげやでお土産を買いました。

それから一旦京都駅まで戻り、電車を乗り換えて嵐山まで行きました。


次に訪れたのが嵐山です。

初めて渡月橋と竹林の小径は同じ場所にあることを知りました。

前から見たかったので一石二鳥でした。

ちなみにX100Fにはデジタルテレコン機能がついており、

最大35mm換算で70mmまでクロップできます。

この船の写真がクロップした画像になりますが、画素の劣化はない感じがしました。

次に竹林の小径に行きました。

渡月橋から歩いて15分ほどでした。

竹が両側から生えていて神秘的な世界でした。

昼食に嵯峨とうふ稲さんの嵐山御前を食べました。

湯葉あんかけご飯、湯葉、茶碗蒸し等がついたセットです。

特に感動したのが茶碗蒸しの中に白焼きのうなぎが入っていたことです。

とても美味しかったです。

あんかけご飯も和風だしの効いたあんに、五穀米がマッチしていました。

汁物が多いのでお腹は膨れました。


今回初めて1人で京都旅に出かけましたが、本当に良い刺激になりました。

やはりネットで見ただけではわからないことがいっぱいありました。

だからこそ現地に行き、五感で感じることの大切さを学びました。

これからも自分の可能性を信じるために旅を趣味にしたいと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする