素人がイラストを半年間練習した結果

今日は記念すべきだ。

絵の練習に使っていたノートが詰まったのだ。

イラストを始めようと思って早半年、

絵は確実に成長していると実感できる。

成長は嬉しいものだ。

絵を描き始めた最初の動機は不純で、

彼女との家電量販店デートでタブレッドサラサラと描けたらかっこいいかなと思ったのがきっかけだ。

まあ彼女いないし、単に気持ち悪いだけだのだがw。

それでは描いた絵を振り返ってみようと思う。


最初に書いた記念すべき1作品目は、アイビスペイント顔の描き方講座のモデルだ。

絵を描くにはまず顔からでしょとのことでどうすれば萌え絵が描けるかを学んだ。

そしてそれが飽きてから、当時好きだった小林さん家のメイドラゴンのキャラクターを描き始めた。

それから次に邪神ちゃんドロップキックが面白かったのでそれに関するキャラクターを描き始めた。

この絵に関しては頑張って2人描いたがまあひどいものである。

次にこれは全身の各部位の比のバランスを学ばなくてはならないと思い、勉強した。

そして少しはマシな絵が描けるようになった。

ここから本格的に集中して模写しようと思い頑張った。

キャラによってはフリル等の描き込みが半端ない服を着ていたりするので作業は困難を極めた。

そしてここから進化した。

今までページ1枚に一人って無駄じゃないか?と思い始め、

ノートを縦に使っていたが、横に使い始めた。

そうしたらなぜかうまく見えるようになった。

多分、小さく描くことによって、細かい描き込みを省略できたからではないのかなと。

成長が目に見えるのでここからさらに絵を描くことが面白くなった。

さらにキャラの顔アップの絵も描こうと思い描いたら、

うまく描けたので自信がついた。

そして白黒の絵に飽きを感じ色鉛筆を買った。

それからイラストをアップしだしたモモキュンソードになる。

そして今日最新の絵はプリンセスコネクトのヒヨリだ。


最初のページと最後のページを見比べても、成長具合がわかる。

継続することは大切だな、思った。

これからも絵描きの趣味を大切にしたいと思う。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする