2018/11月第1週目の投資状況

2018/11月第1週目の投資状況です。




1.国内株式

1-1.資産状況

2018年度累計確定損益+442,866

前回評価損益

今回評価損益+4,600

前回比

1-2.見解

日経平均は前回は21,000円まで下げ少し反発して終わったが、21,000円をそこに大きな上げにトレンドが変わった。株を手放した時が一番の安値だったので残念だった。せっかく手放したのでダブルインバースを200株買ったのだが、悩んだ結果手放してTOPIX投信を200株で勝負することにした。その読みが見事に当たり、金曜日の500円大幅上昇の全てを取ることができた。

売りはやはり難しいのでこのまま下がっても買いで無理のない額で買い続けようと思う。

2.外国株式

2-1.資産状況

2018年度累計確定損益±0

前回評価損益+138,000

今回評価損益+140,000

前回比+2,000

2-2.見解

国内株式ともに外国株式も見直した。外国株式はアップルとS&P500でだけで行くことにした。他の株を売却してから全てS&P500を買った。為替は113.1円で上昇を見せたので良い。アップルの株価は決算で大幅に株価を下げて207.5ドルで推移している。バンガードS&P500は248ドルを底にして上昇しているので良いと思う。

来週は1度資産を再計算してから少しアップルに投資しようと思う。

3.仮想通貨

3-1.資産状況

2018年度累計確定損益+376,000

4.FX

4-1.資産状況

2018年度累計確定損益-4,851

5.CFD取引

5-1.資産状況

2018年度累計確定損益-14,500




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする